友だち追加
Business

成功しない残念な人の5つの特徴

成功しない残念な人の5つの特徴

デキる人×デキない人,成功する人×成功しない人というように近年このような本を街中でよく見かけます。

もちろんデキないと自覚している人はデキる人になりたいと思いますし、成功している人を見て羨ましがる人も多いと思います。

大前提、成功するデキる人には理由があり、成功しないデキない人にも理由があります。

今回は成功しない人の残念な特徴をご紹介していきます。

ここに当てはまってしまった方は残念な方です。

それと同時にこのままでは一生成功を掴み取ることはできません。

成功したい、デキる人になりたいという人は、当てはまっていたらまずそのことを認め、すぐに向き合ってください。

成功しない人には、残念な特徴がある。

上記でも伝えた通り、この特徴に少しでも当てはまっている方は、成功する確率がほぼ0と言っていいでしょう。

そのくらい致命的な特徴ですので、目を背けずみていだたきたいです。

残念な特徴❶人を許せない

成功しない人の特徴で特にこれにあてはまる人は要注意です。

人を許すことができない ということです。

この特徴は自分を疑えないとてもやばいやつです。

自分が正しいと自己正当化する人は、自分がいうことが全て正しいと勘違いをしているので、何か問題があれば必ず、相手や環境のせいにします。

そして、いつまでも過去のちょっとしたことを根に持って、ずっと時間が止まっているのです。

例えば、無視されたとか、陰口を言われたとか、約束を破られたなどされたことばかりを覚えていていつまでも許せないのです。

これは常に後ろを向いていることと同じですし、こういう人には長く付き合ってくれる友達もいないので絶対に成功することはありません。

人は一人ではいきていけないというように、人との付き合いなくしては成功はただの夢となってしまいます。

こういったことで人を許せない人は心に落ち着かがなく、仕事に集中することができないと思います。

集中できない=いい仕事ができないということですのでこういう人は絶対に成功しません。

残念な特徴❷他人を変えようとする

成功しない人間は、必ずと言っていいほど他人のことを変えようとします

今サラリーマンとして働いている方は気を悪くしてしまったらすみません。

ですが、よく上司の愚痴をいったり、うちの会社はブラックだといったりして人や環境のせいにする人は絶対に成功できません。

上司はこうであるべきや同僚のここが悪いなど人を自分の価値観で評価をし、それを変えてやろうと思うのはまず成功しない人の典型的なあり方です。

周りの人を見てイライラしたり、相手が何を考えているのかわからない、相手が変わるべきだと思っている人は、自分の望み通りにいかないことで自分をコントロールできない人なのです。

自分をコントロールできるのは誰でもない自分ですし、いくら信用している、いくら長い時間を過ごした相手でさえも、相手を変えることはできないし、自分の思い通りになることは絶対にありえないので、理解してください。

人を変えている労力があるなら自分をかえるべきであり、自分が変わるには変わりたいと思った人しか変わることはできないので、しっかり抑えておきましょう。

残念な特徴❸ネガティブな話をする

ポジティブな人、ネガティブな人といますが、発言がネガティブな人は絶対の成功しません。

ネガティブな気持ちを持つのは百歩譲っていいとしましょう。

ですが、あなたの周りのも平気でネガティブな話をする人はいませんか?

そういう人は心配してもらいたい、いわゆるかまってちゃんです。

こういった話をする人は、私はいま気持ちが落ち込んでいるから仕事に支障が出ても仕方ない。やらなくてもフォローをしてもらえるという甘い考えなのです。

成功する人は、どんな時もストイックに自分の気持ちをコントロール甘い考えは持ちません。

もったとして全く関係のない人に迷惑をかけますし、悪影響を与えてしまうことは絶対にしないのです。

直接的な影響だけを考えている人は自分の感情を出すことで自分はスッキリするかもしれませんが、第三者にわざわざ知らせる必要はないのです。

成功している人も、多少はネガティブな発言があるかもしれませんが、言い訳のような発言は絶対にしません。

ネガティブな発言をしている人は常にネガティブな思考を持っている人ですので、成功したのであれば思考を変えましょう。

残念な特徴❹「いい人」だと思われたい

全ての人から「いい人」だと思われたい!これは悪いことではありません。

最前提、本当に「いい人」は成功する確率が高いのです。

若いうちは、顔が整っている、運動神経がいい、頭がいいなど自分にはない特化したことがある人に憧れを抱きがちです。

そんな人には確かに周りに人が多いように見えます。

ですがそうではなく、それでも周りに人がたくさん集まっている人っていますよね?

こういった人は本当の「いい人」であり、人間性を評価されています。

こう言った人はいい人で思われたいというよりは、「いい人間でいたい」と考えています。

自分がいい人でいるということは、人にどう思われるかというのは全く関係ないのです。

人からどう思われているのかを気にしているうちは成功はできませんし、いい人と思われることはまずないので真のいい人になるために自分を成長させることを意識しましょう。

残念な特徴❺お客様を軽視している

成功の一番の要因はお客様です。

現代では、特にモノや情報があふれかっているため、お客様が評価するものが絶対です。

いくらいいものを作ろうが、いくら自信を持って発信しようが、お客様がよしとしなければ成功は絶対にありえません。

いわゆるお客様思考、お客様第一の考えがない人はまず成功はないのです。

とくにだめな人に多いのが、人との恩を軽視しているということです。

一期一会という言葉があるように、出会ったお客様、支持をしてくれるお客様、自分に関わってくれた全ての人に感謝をしなければいけません。

これを理解できていない人は100%成功することはありえないのです。

いまやいくらでもお客様に生の声を聞くことができます。

いい意見の人もいればもちろん悪い意見の人もいるはずです。

そう言ったときに評価が悪いからと言って、反論したり、対応を雑にしたりするいう人は絶対に成功はありえません。

どんなお客様でも意見は素直に受け入れ、自分の成長の糧にできる人になりましょう。

お客様の、ダメ出しこそがチャンスですよ!

残念な特徴 まとめ

ここまで読んでいただき、残念な人の特徴は理解できましたか?

この中に当てはまるものがあるなら今すぐ改善するべきです。

もし、近くにこのような特徴を持った人がいるなら、変えてあげるということはせず、自分で気付くまでそっとしておくことがいいと思います。

わざわざ避けたり、卑下する必要はないですが、関わる人は自分できめればいいと思います。
 
そして、成功したいなら、自分自身を特別だとおもいましょう。

自分の人生ですので、他人の人生にまで足を踏み入れることはわざわざすることはないです。

自分で自分の人生を決めているので、成功したければ成功者の考え方、行動を真似し自分が特別だと思ってものごと取り組んでみるといいのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
天才連続起業家ケイスケ
天才連続起業家です。 20歳で当時のバイト先メンバーと多額の借金をしながら居酒屋を起業した。 初めて3ヶ月以内に幹部全員に会社を辞められ組織マネジメント難しさに直面。 その後、試行錯誤と1000冊の読書から様々な成功の方程式を生み出した。 初年度年商1億円を達成してから福岡で3店舗関東でも4店舗の展開を達成。 0→1とコピペのビジネス展開が得意で、当時友人が運営していたTシャツ会社を真似して、半年で年商1億円達成。 去年美容整体のサロンを立ち上げ、1年で年商1億円達成。 【現在】年商1億円コンサルやりながら、日々様々な事業を試行錯誤しています。 連続的に成功を収めるメソッドと私の勉強内容を始めビジネスの様々な挑戦を呟きますので、是が非でも成功したい方は端から端までCheck
RELATED POST
友だち追加