友だち追加
Big Athlete

「情熱大陸」八村塁出演まとめ 高校時代からの密着取材とNBAドラフト1巡目の伝説

情熱大陸 八村塁

こんにちは!今日は日本人初の快挙、NBAの大型ルーキー八村塁選手の情熱大陸出演が決まりまして、まとめサイトを調べても全く出てきませんでしたので、私がフルでまとめてみました。

八村選手の生い立ちから、 NBAの活躍まで盛りだくさんです。

日本人初の快挙、八村塁の伝説


NBAドラフト…その盛り上がりはアカデミー賞さながらという、
華やかな舞台に1人の日本人選手の名前が響いた。

八村塁

21歳。中学の時に友人に勧められ、バスケットボールを始めた。始めるとすぐに夢中になってしままった。
そこから、将来の夢はプロバスケットボール選手、そしてNBAプレーヤーへ…高校時代はウィンターカップ3連覇、エースとして活躍した大学時代だが苦しみながら、実力をつけた。


1年目の年俸は4億円超え!
バスケットボール少年が夢を叶えるまでの期間とそのスタートに迫る。

八村塁、世界ナンバーワンプロバスケットボールリーグNBAへ

世界最高の21歳は
ドラフト以降、かなり多忙極めているようだ。

かなり多忙な中で、体のケアや、メンタルのケアを自分の時間をとりながら行っていると言う。

アメリカバスケットボールNBAのドラフトでは,
世界でたった60人しか選ばれない。

去年までは日本人にとって圧倒的に遠い場所であった。
しかし今年は違った。

マイクで呼ばれた名前は、

【ルイ・ハチムラ!】
日本人初一巡目で指名された瞬間だった。
日本人初の快挙と言うほかなかった。

身長2メートル3センチ
体重104キログラム

ベナン人の父と日本人の母を持つ。

この恵まれたフィジカルと類まれなるセンスは、世界最高峰NBAでも高く評価されている。

現地のスポーツ記者は
「彼の攻撃は驚異的だし、ゴール下での存在感も素晴らしい。
NBAでプレイできるのは疑う余地がない。」

また別の記者は

「彼の身体能力が必要だ。
彼なら開幕スタメンも夢では無いだろうね」と言っている。

八村塁の年俸は4億円


新人の選手としては異例の高年俸だ。

それだけどう選手に対する期待は高いと言えるだろう。

また記者の質問
「足のサイズはいくつですか?」

「17インチ日本サイズとは35センチ」だと答えた

八村塁はアニメも見る?テレビでは初公開の素顔

日本のテレビは見ますか?と言う質問に対しては。
「僕はイッテQが大好きです!」

と情熱大陸の局毎日放送とは全く違う日本テレビの局の名前を出し一同爆笑していた。

クレヨンしんちゃんも見る
「クレヨンしんちゃんは本当に小さい頃から見ています
兄弟でずっと見ています
今になっても見ていてしんちゃんがすごく大好きだ」と言っています。

好きな芸能人はと言う質問に対して
南海キャンディーズの山ちゃんだと答えた。
テラスハウスをよく見ていると言う。
またチュートリアルの徳井さん、サンドウィッチマンなども大好きだと。
最近はサンドイッチマンの漫才やコントなど動画で見ているようだ。

八村塁の NBAデビュー戦のサマーリーグ

八村のドラフトから2週間後、
ラスベガスのNBAサマーリーグにてお披露目があった。
若手が開幕に向けてアピールする大舞台だ。


サマーリーグには、スーパースターも見に来ていた。
元プロボクサー50戦無敗のフロイドメイウェザーや
MVP4回入賞、NBA現役最強プレイヤーであるレブロンジェームス、
スラムダンクの桜木花道のモデルとなったNBA殿堂入りのデニス・ロッドマンも見に来ていた。

さぁ!
プロバスケットプレイヤーとしてのデビュー戦だ!

まずは
敵のシュート叩き落とすブロックからミドルシュートを連発。

八村塁のデビュー戦とは思えないようなプレーまで

空中でのパスをそのままダンクシュートとして豪快に叩き込むアリウープと言うスーパープレイまで見せつけた。

デビュー戦で14得点5リバウンド
ファンの心をつかんだ。
全米の期待はさらに高まった。
1対1に強い選手だNBAでも通用すると。

マイケルジョーダンと八村塁の出会い

八村が着ていたTシャツには、
バスケの神様マイケルジョーダンのマークが入っていた。

同選手はマイケルジョーダンのブランドとスポンサー契約を結んでいた。

限られたスター選手だけの勲章だった。

メディアでも報道されていた。

ジョーダンファミリーへようこそ、ルイ。

マイケルジョーダンともスポンサー契約の前に電話で会話したと言う。
「ウェルカムジョーダンファミリー」といわれた。

もう何が何だか分からなくて、緊張しっぱなしの八村。
サンキュー以外何も言えず、
全く話の内容覚えてない位、てんぱっていたと言う。

八村塁の食事生活とは

ドラフトを機に一気に注目されるようになった。
移動の車中は唯一がリラックスできる場であった。

移動中の車で語ってくれた。

普段はチームから食事が提供されるが、この日はオフの日だ。
自炊もするがテイクアウトも多いと言う。
最近のハマりは中華弁当。
食事もいつもは1日3食だが、
時間がある時は1日6食。
ご飯を食べた後も、またご飯を食べに家に帰った後も自炊をしてご飯を食べる。
運動量のせいかいくら食べても全然太らないと言う。

逆に食べないとすぐ体重を落としてしまうのでいつも食べていると言っていた。

車中で話し続けた。


八村選手の好きな街は?

「それは富山です。
本当に何もない場所なんですけど基本的に落ち着いている場所が好きなんだ。
大きい山に囲まれていて海がある街はあまりないと思う。
いろんなところに行きましたが富山みたいな街はあまりないと思います。
なんか好きなんですよね富山がやっぱり。」

八村塁の経歴に潜むパーソナリティ

1998年に富山で生まれ。
小学生までピッチャーとして野球をやっていた。
中学で友人から勧められたバスケットボールを始めるとすぐに夢中になり、
中学3年の時には身長190センチを超え、ダンクシュートも楽々とできるほどになる。
中学3年生の時には全国大会に出場した。
全国大会でもバスケットボールのセンスを見せつけた。

高校時代は、
エースとして活躍しウィンターカップ3連覇インターハイでも優勝1回、
準優勝1回、ベスト4も1回という、最高のキャリアを叩いた。

また高校時代
全く英語ができなかったと言う。
高校卒業して大学に入学する際に、NBAを目標にアメリカの名門大学に入学すると決めた。
アメリカに行くと決まってから英語の勉強し始めた。

当時の高校3年生の時は記者相手に、
「自分の目標のNBAでものがあって
それがすごくモチベーションになっていると思います。」
当時ウィンターカップ3連覇のエースわ語った。
苦手な英語もバスケのために勉強して、アメリカのコンザス大学に進んだ。

大学入学当初は言葉の壁に苦しみ、うまくコミニケーションは取れなかった。
試合に出場する機会も十分に与えられなく、結果得点も1試合平均2.6得点と言う最低の数字で終わった。

八村は、

「最初の1年目も本当に自分でも思ってない位すごく大変だった。
何回もアメリカまで来てもうダメだと感じる時もありました。
もうひどかったです。」
と珍しく過去の挫折しかけた思い出を語る。

ではどうやってそれを乗り越えられたのか?
乗り越えられたきっかけは何でしょうか?

この質問に、
「きっかけというよりかは、
僕の目標として日本のバスケのため自分はNBAに行くんだと決めていました。
本当にくじけそうになった時はそういうことを思い浮かべて乗り越えていました。」

英語にも慣れた2年目にはその実力を大いに発揮した。
身体能力の高さで他の選手を圧倒し、
いつの間にかチームのエースプレイヤーとしての存在を見せつけた。

3年目には様々のタイトルを獲得し、
チームのエースとして、
レギュラーシーズン破竹の20連勝に貢献し、さらにNBAチームに勝てるとも言われるほどの大学最強と呼び声高いDUKE大学を撃破し、八村塁は、大会MVPにも輝いた。

この2年生の時に、全米中にこの名が届いた。


3年目には様々のタイトルを獲得し、
全米ポジション別最優秀選手賞、地区最優秀選手など10種類以上のタイトルを受賞。

そして今、夢の舞台に立てる・・・そうNBAだ。

NBAは練習をほとんど公開しないのだが、
今回は特別に情熱大陸のカメラ練習風景をとらえることができた。

日本のメディアでは初潜入と言う事だ。

NBAの練習は慣れましたか?と言う質問に対して

「練習は大学時代とそんなには変わらない。
変わってる部分が何かって言うと、
チームに対してこちらに20人〜30人たくさんのコーチが一人ひとりを切らしていることが違う。」と話した。

NBAのコーチは、技術指導の専属はもちろんのこと、メンタルケアから映像分析まで細分化された役割がある。

世界最高峰のNBAだが、意外にも基本的なメニューが多かった。

常にお前たちはNBAにいるんだ!!
お前たちはNBAにいるんだ!!


という言葉がコーチ陣から飛び立ってきた。
すべて試合中だと思いながら練習をしろと隙が飛びながらも、笑顔が絶えない楽しそうな練習風景だった。
八村塁はチームに溶け込んでいて、
全体練習が終わった後もコーチの下に行特別メニューを用意されていた。

八村は、
新人の中でも特に期待はされているようで、
マンツーマンで細部にわたる基礎の繰り返しをコーチされていた。

30分の個人練習で150本のシュート打った。

チームメイトが帰り始めても八村選手はの練習は終わらない。

バスケを始めてわずか8年、
アメリカでは小学生や小学校に上がる前からバスケットボールに触れているのが当たり前の文化。
八村にとって、まだまだ成長できる事はある。

学び続けなければならないと言う。

チームの中でも最後まで練習をしていた。
練習後もチームの専属メディアの取材が待っていた。

記者たちがいうには、大型ルーキーへの注目度は高いと言う。
メディアの取材もたくさん増えて幸福なことだよと喜んでいる。

八村塁のデビュー2戦目以降の最高な成績

デビュー2戦目は19得点7リバウンド。
デビュー3戦目にはスリーポイントシュートも2本決めて、25得点9リバウンド。
圧倒的なフィジカルと抜群の運動センス見せつけた。

その活躍は期待以上だった。
アメリカのメディアも大興奮であった。


ハチムラがラスベガスでスターとなった。

ワシントンウィザーズのヘッドコーチであるブルックスも


チームメイトから尊敬されているよ。
彼は常に一生懸命プレイをしているからねそれは大事なことだ。
彼はまだまだ伸びしろがある。


また日に日に上達させれるようにしたい
それが我々の指導方針だよ

と八村への期待と信頼を語った。

新人では異例のボディガード

大型ルーキーの特別待遇が練習メニューだけではなかった。
実はバスケットボールを離れた時間も
どんな時でも帯同する男がいた。

ボディーガードだ

新人では異例のことだ。
204センチの八村と比べても見劣りしないほどの190センチオーバーのボディーガードが常に態度をしている。

迫力のツーショットだ。

街を歩けばすぐに声をかけられる。
この時は3人家族に声をかけられ息子とのツーショットを撮った。
ファンの多さが自分への評価だ。
どんな時でもファンへの感謝を忘れない。

八村塁選手がバスケやってなかったらどんな人生になっていたと思いますか?

これに関しては前から考えたことがあると言う。

「ただ全く想像もつかないんだ。
バスケに関わってなかったとしても、
アメリカにずっと行きたかったんだ。
もしかしたらアメリカに対して何か得があったんじゃないかなと思う。」

もともと小学校は野球少年だった。
中学校に入った時はスポーツもやる気がなかった。
スポーツをやめようと言う感じで野球をやめて、他に良いスポーツがあるかなぁ位の軽い気持ちでバスケットボールも始めたと言う。
人生を変えるために始めたなんて事は全くなかったと語った。

それが夢となって人々にパワーと感動与えるような人生になったと言うのは驚きだ。
全く考えられない。

開幕スタメンも夢ではないと大型ルーキーに全米が期待している。

日ごとに評価を高めているルーキー、八村塁にシーズンの思いを聞いた

怖さみたいなものはありますか?

これに対して驚くべき答えが返ってきた。

怖さというか楽しみが多いですね。
夢の舞台でNBA選手たちとプレイできるというのはすごく楽しみだ。
チームでもスーパースターと言われている人たちがたくさんいますたくさんのことを学べます。
毎日の試合が本当に憧れのスタープレイヤーとのプレイなのでワクワクしています。

NBAプレイヤー八村塁。
10月の開幕が待ち遠しい。
21歳の彼の伝説は始まった。

ABOUT ME
天才連続起業家ケイスケ
天才連続起業家です。 20歳で当時のバイト先メンバーと多額の借金をしながら居酒屋を起業した。 初めて3ヶ月以内に幹部全員に会社を辞められ組織マネジメント難しさに直面。 その後、試行錯誤と1000冊の読書から様々な成功の方程式を生み出した。 初年度年商1億円を達成してから福岡で3店舗関東でも4店舗の展開を達成。 0→1とコピペのビジネス展開が得意で、当時友人が運営していたTシャツ会社を真似して、半年で年商1億円達成。 去年美容整体のサロンを立ち上げ、1年で年商1億円達成。 【現在】年商1億円コンサルやりながら、日々様々な事業を試行錯誤しています。 連続的に成功を収めるメソッドと私の勉強内容を始めビジネスの様々な挑戦を呟きますので、是が非でも成功したい方は端から端までCheck
友だち追加