友だち追加
Business

起業の平均年齢は40歳!?平均年齢からわかる驚愕の事実

起業の平均年齢は40歳!?平均年齢からわかる驚愕の事実

近年独立する方が多くなってきました。

近年のスタートアップや、ベンチャー企業の経営者がどんどん若くなっており、起業は若いうちにした方が良いと言う文化ができてきたと思います。

若いうちに経営をすること自体は悪くは無いのですが、実際に独立する方のほとんどは40代と言う事実あります。

実際に平均年齢が40歳と言うことでしたら、40歳の起業でも全く遅くはないということがわかります。

今回は、年齢にかかわらずにどのタイミングでも独立することのメリットについてお話しします。

まだ独立してない方や、実際にいつか起業したいと考えている方はぜひ読んでください。

起業の平均年齢は40歳!?平均年齢からわかる驚愕の事実

実際に、独立する人の平均年齢は40歳です。

そして40歳で独立した方で成功した方はたくさんいらっしゃいます。

最近の起業するなら若い方がいいと言う文化から、40代50代の方が独立するイメージがなくなってきてるかもしれません。

起業するにあたって、実際に20代の方のメリットもありますしもちろん、40代50代で独立するメリットもあります。

起業することに関して年齢に早いといったものがなければ、実際にこの年齢で遅いと言ったこともありません。

私は20歳の時に独立しましたが、20歳で独立することによって、うまくいかないこともたくさんありました。

お金を貸してもらえなくて、苦しんだ時期もありましたし、20歳の社長と言うだけあって、人がついてきてくれないこともありました。

今ではこういう経験からたくさん学ぶことができて、20代でも人がついてくるような経営者としての素質を磨くことができました。

実際に自分が30歳で独立していたとしたらどうなってたでしょうか。

うまくいった部分もありますしまたうまくいかなかった部分もあるでしょう。

私は結果的に20歳で独立してよかったと思っておりますが、それは30代になっても40代になっても一緒です。

実際に独立するタイミングを聞かれたとしたら、それはいまだと答えるでしょう。

今すでに独立する気があるのでしたら、それを後伸ばしにする必要はありません。

独立したいと言う感情はなくなる事は無いからです。

いちど、いつか独立したいとなった場合、そのいつかは待っていてもやってきません。

どんなに環境や、状況を整えてから独立しようと思っても、成功する確率が100%になる時など一向にないのです。

独立するなら、今なのです

若い方は、勢いや体力はありますが、人脈や経験は全く持っていません。

40代50代の経営者の方は、経験や人脈こそ持ってはいますが、失敗したら後がないと言う恐怖は大きいでしょう。

実際には年代ごとにそれぞれの強みがあるはずです。

その強みと弱みを理解し、それを補うことが必要です。

私は20歳のときに独立しましたので、強い部分で言うと、業界を全く知らない事でした。

飲食店をオープンしましたが、飲食に対しの知識は全くありませんでした。

ですから、経営の仕方や、店舗の考え方はすごく独創的で、他の経営者さんから見ると、何をやってんだと笑われるようなものでした。

ですが結果的には、自分の独創的な経営の仕方はヒットして、1年目に年商1億円の会社を作ることができました。

人がついて来てくれないと言う面も、資金の問題も、独創的なアイディアと勢いによりカバーすることができました。

ですからオープンして3年間資金に困るという事はあまりありませんでした。

起業の平均年齢の枠を超えるコツ

起業においての平均年齢についてお話しできましたが、平均年齢を考える必要はありません。

実際にアメリカのシリコンバレーでは、経営者の平均年齢は30代ですし、若い方で成功されてる方も多くいます

私が独立した時は、飲食店の経営者で20代は私だけでした。

周りは40代50代60代と言う形がほとんどで、かなり浮いていました。

私が成功した要因は、その平均と言うものに縛られなかったことです。

皆さんに伝えたいのもこのことです。

人生大事なのは、平均という概念を大きく超えることです。

起業家として大事なこととして、若さなのか、それでも経験なのかという議論があります。

私が伝えたいのは、平均を大きく超えた先に大きな成功があるということです。

昔は高校生で独立するなんて言う事は考えられませんでした。

今では未成年でも、親同意が得られることができれば独立することができます。

インターネットの事業や、YouTubeの事業を行うことで、未成年でお金を稼いでいるかたはたくさんいます。

年齢もそうですが、平均と言うのは全くあてにならないと言うことです。

成功している人の平均をとってみても、何にもなりません。

上でも書いたように、20代で独立するメリットもありますが、デメリットも多く持っています。

独立して成功するためには、平均や普通にとらわれずに常に極端であることです。

極端の先に成功があります。

コンサルティングをやっていてよく受ける質問ですが、成功する事業はなんですか、比較的に簡単な事業はなんですかという質問です。

この質問は本当に馬鹿だなと思います。

その比較的に成功しやすい事業をやって何なるんですか。

それは、在庫を持たずにできる事業が利益を出しやすいですし、初期投資の低いインターネットの事業の方が成功しやすいのではないでしょうか。

こんな答えが返ってきたそしてあなたはその事業をほんとにやろうと思いますか?

成功する人はどんな事業でも成功することができます。

ほんとに大事なのは自分がやると決めたことをやると言う実行力と、どんなに難しいと思ったことでもまず手をつけ始めると言うことです。

そしてどんなに困難な壁にぶち当たったとしても、絶対に達成させようと言う強い意志精神力が大事になります。

そんな覚悟を持っていれば、ある程度の事なんてへっちゃらですし、どんな事業をとられたとしても成功することができます。

私は平均と言う言葉が嫌いです。

平均になんの価値もありません。

人は平均では測れません。

平均という概念を乗り越えて、極端にビジネスを行ってください。

そこに成功のトリガーがあります。

ABOUT ME
天才連続起業家ケイスケ
天才連続起業家です。 20歳で当時のバイト先メンバーと多額の借金をしながら居酒屋を起業した。 初めて3ヶ月以内に幹部全員に会社を辞められ組織マネジメント難しさに直面。 その後、試行錯誤と1000冊の読書から様々な成功の方程式を生み出した。 初年度年商1億円を達成してから福岡で3店舗関東でも4店舗の展開を達成。 0→1とコピペのビジネス展開が得意で、当時友人が運営していたTシャツ会社を真似して、半年で年商1億円達成。 去年美容整体のサロンを立ち上げ、1年で年商1億円達成。 【現在】年商1億円コンサルやりながら、日々様々な事業を試行錯誤しています。 連続的に成功を収めるメソッドと私の勉強内容を始めビジネスの様々な挑戦を呟きますので、是が非でも成功したい方は端から端までCheck
RELATED POST
友だち追加