友だち追加
Business

独立起業でブランド設立! SNS一つでできるブランドの立ち上げ方

独立起業でブランド設立! SNS一つでできるブランドの立ち上げ方

近年では、働き方はさまざまになっており、好きなことで生きたい!独立して自分で事業を持ちたい!起業したい!という方が増えてきました。

私もいくつもの事業に関わらせていただき、たくさんのコンサルティングのお客様とお話することがあります。

学生でも増えているため、ここ1.2年は学生さんをコンサルティングするなどかなり独立起業することが身近になっています。

そこで最近流行っているものは、ブランドです。

SNSが普及した現代では、自分のブランドを設立することは容易にできてしまいます。

ネットを使うため誰でも簡単に取り組むことができ、お金をかけずに立ち上げることが可能となっています。

今回のテーマは、独立起業でブランドを設立したい!なんか起業したいけどどうしよう。という方に向けて、意外とできてしまうSNS一つでできるブランドの立ち上げ方についてご紹介していきます。

起業を考えている方は是非読んでみてください。

独立起業でブランド設立!SNS一つでできるブランドの立ち上げ方

私は“ブランド設立”というとすごく大きなことに挑戦している感覚がありました。

ブランドといえば、財布でいうなら男女ともにルイヴィトンが人気だったり、女性でいうならエルメス、プラダなど、男性でいうならポール・スミス、グッチなど他にもさまざまなブランドが頭に浮かぶと思います。

いわゆる“ブランド”という言葉は超大手の有名なものとして認知されているということです。

私も、アパレルブランドを立ち上げSNSでの販売をしていますが、誰でもできる!というのが正直なところです。

なのでここではブランドの立ち上げ方をご紹介します。

ブランドネームの決定

ブランドネームはこのブランドの顔です!

ですが、そんなに難しくとらえる必要はないです。

名前ですので、自身がパッと思いついたものだったり、思い入れがあるもの、ごろがあっているものなどさまざまですので良い悪いは関係ないです。

1つ、名前を決める上でのポイントとしては、わかりやすく覚えてもらいやすいこと

例えば、ブリジストンという会社は皆さんもご存知かと思いますが、あのブランド名は社長が”石橋さん”ということで、ブリッジと、ストーンを合わせたものを由来にしています。

このように、自分だからこのブランド名ということでも良いですし、決め方はそれぞれですので、自身が納得する名前をつけていきましょう!

ロゴの作成

ロゴはブランドネームと同じくらい大切です!

人は文字で覚えるよりも、形で覚えたほうが脳に残ると言われています。

ロゴはまさに形で残せるため、印象的なものを作れることが望ましいです。

悩んでしまったら、簡単に作れる”ロゴ作成ショップ”というアプリがあるのでこちらを使って見てもいいかもしれません!

こちらも自由ですので、わかりやすい一目見てわかるようなものを作りましょう!

タグの作成

服の場合、必ずタグは必要です。

”これは私の商品です”ということをタグで示すためです。

こちらは業者がお安く作ってくれるところがあると思いますので調べて見てくださいね。

どのような服にするか決める

ここからが本格的なステップになります。

どのような服を作るのかということは、Tシャツでもいいですしアウター、パンツなど服といってもさまざまです。

ちなみに私は、オリジナルのTシャツを作成できるブランドを立ち上げ、そこではTシャツだけでなくトレーナーやパーカー、ポロシャツなども対応できるようにしています。

予算も気にしながら、どのような服にするかを決めていきましょう!

服の作成

服の作成は大きく分けて2パターンです。

  • 1つは、生地から作り上げる
  • 2つ目は、既存のものに加工する

これらを見ていきましょう

生地から作り上げる場合は、かなり専門的な知識や技術が必要となります。

ユニクロのように大手の会社でしたら自社で全てできるのかもしれませんが、独立起業でこれをしてしまうと確実に資金がショートしてしまうのでおススメできません。

なので既存のものに加工するのパターンをご紹介します。

5-1ボディを仕入れる

ボディとは、加工する前の無地の服です。

問屋や、卸サイトから簡単に仕入れることができます。

立ち上げ時は信用などないのは当たり前ですので、個人単位で仕入れて、規模によっては交渉するなどして安くていいものを提供してもらえると良いです。

5-2加工する

こちらはオリジナリティを出せるところになります!


自身のブランドですので、自分の好みもそうですし、自分の欲しいと思うものを作れれば最高ですよね!

実際に売る

商品まで完成できたらあとは、売りに出すだけです。

ここが一番の刺激があるところではないでしょうか?

世の中に出すということは、よければ認められますし、悪ければ改善が必要ですので、売れるものを作ることが大切になっていきます。

6-1値段の決定

ビジネスですので、商品作成にかかった全ての費用を含めて値段を決める必要があります。

安ければ売れるかもしれませんが、全て売り切った時に利益がないなどといったイージーミスは起業する上では失敗につながりますのでご注意ください。

6-2ネット販売

今の時代、ありがたいことに店舗を出さなくともものが売れる時代です。

ブランド立ち上げたとしても、最初はネット販売で収益をみて拡大や実店舗を持つなりしていきましょう。

販売方法は他にもありますが、それらは立ち上げには不向きですのでご紹介はしません。

こちらの方法なら誰でも簡単にできますので
起業の第1ステップと思って取り組んでみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
天才連続起業家ケイスケ
天才連続起業家です。 20歳で当時のバイト先メンバーと多額の借金をしながら居酒屋を起業した。 初めて3ヶ月以内に幹部全員に会社を辞められ組織マネジメント難しさに直面。 その後、試行錯誤と1000冊の読書から様々な成功の方程式を生み出した。 初年度年商1億円を達成してから福岡で3店舗関東でも4店舗の展開を達成。 0→1とコピペのビジネス展開が得意で、当時友人が運営していたTシャツ会社を真似して、半年で年商1億円達成。 去年美容整体のサロンを立ち上げ、1年で年商1億円達成。 【現在】年商1億円コンサルやりながら、日々様々な事業を試行錯誤しています。 連続的に成功を収めるメソッドと私の勉強内容を始めビジネスの様々な挑戦を呟きますので、是が非でも成功したい方は端から端までCheck
RELATED POST
友だち追加