友だち追加
Business

流行りのオンラインサロン! 起業するには知らなきゃ恥のオンラインサロンのこと

流行りのオンラインサロン! 起業するには知らなきゃ恥のオンラインサロンのこと

オンラインサロンとは、近年流行っているビジネスとして、DMM、Synapseのプラットフォームで堀江貴文(ホリエモン)、乙武洋匡氏、キングコング西野などの多くの著名人も始めている今とてもブームとなっています。

著名人がやっている、流行っているというだけでとても親近感が湧き、始めてみたくなる気持ちがあるのではないでしょうか?

正直、最近耳にし始めたものだから、オンラインサロンにはなんとなく興味はあるけど具体的になにをやっているのかわからないどんなメリットがあるのかしっかりとは把握していないという方も多くいらっしゃるかと思います。

今回は、オンラインサロンの基本的な知識と、実際にオンラインサロンの起業を考えている人が、オンラインサロンのオーナーやコミュニティのオーナーとしてビジネスや副業に取り組めるよう、オンラインサロンについてご紹介したいと思います。

起業するには知っていなきゃ恥ずかしいオンラインサロンのこと

そもそもオンラインサロンってなに?

オンラインサロンとは、SNSやwebサービスをつかってネット上で展開される会費制の有料コミュニティ(クローズド)のことです。

お金を払ってweb上のコミュニティに属し、会員だけが繋がれるチャットグループのようなイメージをしてもらえるとわかりやすいかと思います。

活動は主にオンライン上で行われており、そこではサロンオーナーが情報やノウハウなどの提供を会員に対して行い、会員はコンテンツを閲覧できることと、会員同士でコミュニケーションをとることが可能になっており、感想や意見交換ができることがオンラインサロンの特徴としてあります。

また、サロンによってはイベントなどを主催し、交流会や勉強会などでリアルのコミュニケーションがとれる活動を行っているサロンも多くあります。

例えば、オンラインサロンで代表的なホリエモンは、「堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)」を開設し、1000人越えの会員を誇っています。


堀江貴文本人による直接の交流や有力な情報などを受け取れるほか、月に2回月例会を開催したり、合宿で勉強会などでコミュニケーションを取れるようなサロンとなっています。

起業家にとっては、1000人もの人数を会員にし目に見えて自身を支持してくれていることがわかりますし、ファンクラブのようなものですので、こちらの提供したい価値を受け取りたい人だけが受け取ってくれるという、まさに需要と供給が一致している新しい方法として注目されてるのです。

オンラインサロンの2大要素


一つ目にコンテンツがあります。


オンサインサロンでは、上記に記載しましたが、オンライン上で情報やノウハウを提供できます。

コンテンツの例でいうと、
100円ショップの便利グッズに関する情報と使用方法

忙しい奥さん必見の時短レシピの提供

ビジネス系でいうと、

起業を成功させる起業ノート術

などが挙げられます。

それらのコンテンツについて専門的な知識を持っているオーナーが価値を提供します。

もう一つはコミュニケーションです。

オンラインサロンではコンテンツよりも大きな要素と位置づけされており、オーナーと会員のコミュニケーションが可能なことと、会員同士のコミュニケーションも可能になります。

普通の企業で見てみると、企業の社長が一般のクライアントさんと繋がることはまずないことですが、オンラインサロンではオンラインサロンを起業した社長ないし、オーナーと繋がりが持てることが大きな特徴です。

一方的な情報提供ではなく、意見や感想を直接きけるため、コミュニケーション自体に価値があるといわれています!

オンサインサロンが流行っているわけ


なぜ、オンラインサロンが流行っているのでしょうか?

それは簡単です。

webという誰もが身近となっている媒体で初期費用なく利益が生み出せるからです。


簡単に言えば一度仕組みを作ってしまえば、安定した収入が見込めます。

ホリエモンのHIUを例に例えると、月額費用が10800円で会員1000人だとすると、単純計算で年商約1億3千万は見込めることになります。

初期費用などはないためほとんどが利益になります。

ホリエモンという著名人で例にするとハードルが高いと思うので、現実的な数字でいうなら月5000円のコンテンツを提供し、100人に支持をされたいと考えると、それでも年商600万円は稼ぐことが可能です。

月額制ですので金額的にクライアントが入りやすく、良いと思えば口コミだけで勝手に広告してくれるため良いコンテンツであれば拡大は早いです。

著名人だから広がるというのは一般からすると勝てない壁ですが、コンテンツで価値を提供することができるため、ニーズにあったものをいかにピンポイントに提供できるかが鍵となります。

起業する人が知りたいオンラインサロンの始め方


オンラインサロンを始めるには、

プラットフォームを利用する方法

自分で立ち上げる方法

の2種類となります。

初めての方はプラットフォームをオススメします。

DMMやSynapseのサイトから会員登録しサロンページ制作のテンプレートから簡単に作れますし、わからないことは運営スタッフに聞けるため安心です。

ただし、DMMなどが提供しているため、売上の一部が引かれてしまうというデメリットもありますのでご注意ください。

自身でwebページを作成するスキルがある人は自分で開設することも可能です。

自身で開設するとオリジナリティーが生まれ、差別化することができますので作れる方はもちろん自身でやるのがいいかと思います。

大体の方はwebページ作成は難しいと思うのでプラットフォームで開設すると良いです。

開設したら、参加メンバーを集めることが必要になります。

メンバーを集める際にオススメなことは、最初は無料でスタートさせ、100人なら100人と決め実際に集めることです。

ビジョンを明確にし伝えることで自身のビジネスに共感してくれてメンバーになってくれるので、損から徳を得るという考えは大切にしておきましょう。

まとめ

オンラインサロンについて理解していただけましたか?

最近流行っているビジネスですので、すでに起業されている方で何かのビジネスを持っている方が挑戦したい!と思うのでしたらやってみるのもありだと思います。

安定的に利益を生み出す仕組みを自分の価値に共感してくれる人とともに作り上げていけるといいですね

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
天才連続起業家ケイスケ
天才連続起業家です。 20歳で当時のバイト先メンバーと多額の借金をしながら居酒屋を起業した。 初めて3ヶ月以内に幹部全員に会社を辞められ組織マネジメント難しさに直面。 その後、試行錯誤と1000冊の読書から様々な成功の方程式を生み出した。 初年度年商1億円を達成してから福岡で3店舗関東でも4店舗の展開を達成。 0→1とコピペのビジネス展開が得意で、当時友人が運営していたTシャツ会社を真似して、半年で年商1億円達成。 去年美容整体のサロンを立ち上げ、1年で年商1億円達成。 【現在】年商1億円コンサルやりながら、日々様々な事業を試行錯誤しています。 連続的に成功を収めるメソッドと私の勉強内容を始めビジネスの様々な挑戦を呟きますので、是が非でも成功したい方は端から端までCheck
RELATED POST
友だち追加