友だち追加
Business

独立起業の武器は若さ!20代で独立起業すると有利になるわけとは?

独立の武器は若さ!20代で独立すると有利になわけとは?

近年20代で独立する方が増えてきましたね。

私も、20歳のときに独立して、もう10年弱経とうとしています。

様々な事業を立ち上げてきましたが、やはり20代で独立することによって大きなメリットを得ることができました。

20代で独立しようと考えている方々に朗報です。


20代で独立することによってかなりそれ以降のビジネスを有利に進めることができます。

せっかく悩んでるんでしたら独立することをお勧めします。

まだ起業していない人、これから起業していきたいと考えている人はぜひ読んでください。

独立の武器は若さ!20代で独立起業すると有利になるわけとは?


20代で独立起業することによって、人生を有意義に過ごすことができます。

それは何故でしょうか?

それは人間存在において、根本的に人は自分の持っていない能力や、経験に価値を感じるからです。

実際あなたの周りで、何か特定の分野で極めてる人を想像してみてください。

それは営業の分野でもよければ、恋愛の分野でもいいと思いますし、料理の分野でも構いません。

その分野で何かを極めようと思うと、短くとも5年の月日は必要です。


何か同じことを5年はやり込まないと、その分野である程度秀でているとは言い難いものです。

またはその特定の分野で大きな結果を出したと言う形は当てはまるかもしれません。

そのような特定の分野で結果を出している人を見ると、人はどう思うでしょうか?

やはりその人の能力や経験を見て、”すごいな”とか”自分もそうなりたいな”と思います。

その”すごいな”と言う感情が価値の尺度になります。

そしてその価値の尺度が、ダイレクトに人としての優位性を生み出します。

もちろん、20代で独立したと言う経験もその価値を高めることに影響してきます。

20代で独立起業する経験は希少価値が高い

先ほど、人の価値の尺度について話しました。

そして価値の尺度と言うものは、その希少性に比例します。

例えばTwitterのフォロワーが1万人の方よりも、10万人の方の方が存在する人数は少ないですし、10万人の方よりも100万人の方が希少性が高いと言えます。

そして希少性が高くなればなるほどその価値は上がります。

では皆さんが価値を高めるためにはどうすればいいでしょうか。

答えは2つです。


1つ目は、ある特定の分野を極めて大きな結果を出すと言うことです。


これは上記でも挙げたように、たくさんの時間労力がかかります。

ここでお勧めしたいのは2つ目の提案です。

希少性を高めるために必要なのは、時期とタイミングです。

これはどういうことでしょうか?


例えば私が20歳のときに独立した際、その当時では周りで独立して会社の経営をやっている人はほとんどいませんでした。


私が20歳から独立したことによって、たくさんの人から褒めてもらえましたし、それだけで様々な実業家の方に紹介して頂ことができました。


これは私が20歳で独立してなければ得られなかった成果です。

という事は、こういうことがいえます。


人が希少性の高い能力や、経験を持った人を尊敬します。


尊敬されることによって、優位性を得ることができます。

結生を得る事は、ビジネスにおいて大きくプラスに働きます。

結生の取り方は、基本的には40代、50代で独立する方がほとんどで、実際に周りを見てみると、早くから起業したと言う形は少ないように見受けられます。

私がコンサルしている経験でも、早くから独立したいと言う方はたくさんいらっしゃいますけども、実際に行動に移している方は、やはり早くても30代前半の方かなと思います。

その周りの経営者の方々と対等に渡り合うためには、その方々と比較しても劣らないほどの価値が必要です。

この時に早くから独立した経験ていうのは生きてくるのです。

40代50代の経営者の方にとって、売り上げを10億、100億に仕上げることができても、過去にさかのぼって20代で独立することはできません。

20代で独立したと言う経験自体が、周りの経営者さんにとって、尊敬し得る価値なのです。

20代で独立するだけで、その時その時で会った方と対等以上に話すことができますし、加えて20代の頃から起業して成功することができれば、それだけ素晴らしい人脈の方に紹介される数も増えます。

20代で独立起業するだけでいいのか?

それでは、今まで20代で独立することの価値をお伝えしましたが、実際に独立するだけでいいのか?

もちろん、独立することが目的となってしまって、事業が進まなければ意味がありません。

ですが、私は
『まずは、起業して何かをやってみろ!』
といいます。

20代の方でよく見受けられるのは、若い頃から結果を残したい、若い頃から実業を行いたいが、何をやったらいいかわからない、失敗するリスクが怖いと言う人です。

はっきり言うと、周りで成功されている20代の経営者さんの多くは、まず何でもいいから会社を起こしています。

皆さんの意思や覚悟が、行動を変えて成功させるのではなく、環境の変化が皆さんの意志と覚悟を決めてくれます。

実際に敬語すると決めても行動しない方がほとんどです。

実際に会社を起こすのにお金はほとんど入りません。

まず自分の身の回りでお金になると思われる能力や、ものを売ってみれば良いのではないでしょうか。

起業して何かを始めなければ、衰退する一方です。


時間が過ぎると、また独立することはできなくなります。

時間が経てば経つほどリスクをとることが怖くなります。

私はそのようなリスクの取れない人間になりたくありません。

事業を始めるのは何でもいいです。

何か転売をするでもいいですし、自分の少しでも持っている能力を人に教えるようなコンサルティングなどでもいいのです。

是非若いうちからチャレンジしてやってみてください。

若さが起業における最大の武器ですよ!

ABOUT ME
天才連続起業家ケイスケ
天才連続起業家です。 20歳で当時のバイト先メンバーと多額の借金をしながら居酒屋を起業した。 初めて3ヶ月以内に幹部全員に会社を辞められ組織マネジメント難しさに直面。 その後、試行錯誤と1000冊の読書から様々な成功の方程式を生み出した。 初年度年商1億円を達成してから福岡で3店舗関東でも4店舗の展開を達成。 0→1とコピペのビジネス展開が得意で、当時友人が運営していたTシャツ会社を真似して、半年で年商1億円達成。 去年美容整体のサロンを立ち上げ、1年で年商1億円達成。 【現在】年商1億円コンサルやりながら、日々様々な事業を試行錯誤しています。 連続的に成功を収めるメソッドと私の勉強内容を始めビジネスの様々な挑戦を呟きますので、是が非でも成功したい方は端から端までCheck
RELATED POST
友だち追加